Warning: Undefined array key 0 in /home/pxlm003/edilians-japan.com/public_html/wp/wp-content/themes/pxlm-edilians/template-parts/header/main-header.php on line 7
業者様へ

業者様へ

ご購入の流れ

エディリアンスのフランス瓦にご興味をお持ちいただきありがとうございます。

まずは資料請求よりお問い合わせください。

パンフレットが届きます。お気に入りの瓦を探してみてください。

パンフレット到着後3日ほどでエディリアンスジャパンサポート本部よりご連絡いたします。簡単な質問にお応えください。

瓦の種類・色・納期・ご予算など
お客様のご意向を伺い、最適なご提案を致します。

工事業者のご紹介・お見積りを致します。

ご指定の屋根工事業者がある場合

1 材料+屋根工事をご希望で、ご指定の屋根工事業者がある場合は、エディリアンス輸入特約販売店より、屋根工事業者へご連絡致します。

2 ご指定の屋根工事業者より、貴社へ材工のお見積を致します。

ご指定の屋根工事業者がない場合

1 材料+屋根工事をご希望で、ご指定の屋根工事業者がない場合は、エディリアンス輸入特約販売店より、屋根工事業者をご紹介致します。

2 ご紹介の屋根工事業者より、貴社へ材工のお見積を致します。

お施主様にお喜び頂ける
素敵な家づくりが実現します。

標準施工ガイド

フランスと日本では気候風土のちがいにより、建築物の構造・躯体に差異があり、それに伴い、屋根の施工方法も異なります。
そこで、エディリアンスでは、『標準施工ガイド』を作成し、日本国内の気候風土・建築様式に適した施工方法をご案内しております。

標準施行ガイドダウンロード

※ 建築物の構造および施工エリアにより、特殊な施工を必要とする場合がございます。
屋根勾配、瓦の緊結方法、また漆喰を 使った納めに関して等、事前に弊社、およびエディリアンス代理店・取扱店もしくは屋根専門業者にお問い合わせ頂きますようお願い致します。

よくあるご質問

エディリアンスは輸入商社ですか?それともメーカーですか?

エディリアンスは、フランスで粘土製屋根瓦を製造している創業200年のメーカーです。
製品は、フランス工場から、日本国内の正規輸入特約販売店様へ直販されています。

瓦の材質は何ですか?

製品は全て、粘土を原料とした粘土瓦です。
製品によって異なりますが、平均約1,050~1,200℃の高温で製造していますので、焼の堅い吸水性の低い瓦です。
焼き物の瓦ですので、耐久性が高く、退色や劣化は殆どありません。

瓦はどうやって色付けされているのですか?

ENGOBE(エンゴーベ)と呼ばれる化粧土をかけて焼き、表情豊かな色合いを出しています。
硝子質の釉薬は使用しておりませんので、天然素材のテラコッタ特有のナチュラルテイストな仕上がりとなります。

どのような形状の瓦がありますか?

主にヨーロッパ南部で使われている、カナル瓦(バレル瓦)、S形瓦、また、北仏、英国、ドイツ、ベルギー等、ヨーロッパ北部で使われている、 プラット瓦(プレート瓦)、平板瓦(F形瓦)があります。
また、平板瓦の中には、可愛らしいうろこ形や、『和モダン』や『古民家』にも似合うシックなタイプもあります。

瓦の重量はどのくらいですか?

瓦の重量は、瓦の種類・寸法によって異なります。
下記10枚/20枚タイプの瓦は、平米あたりの重量は国産瓦とほぼ同じですが、葺き枚数の多い60枚タイプの瓦は、比較的重量が重たくなります。

葺き枚数 10枚/㎡タイプ約44kg/㎡~49kg/㎡
葺き枚数 20枚/㎡タイプ約44kg/㎡~53kg/㎡
葺き枚数 60枚/㎡タイプ約65kg/㎡~71kg/㎡
マンセル値について教えてください

エディリアンスの粘土瓦には、経年美を表現する為、意図的に色むらをつけた製品が多くあります。
その為、マンセル値は公表しておりませんが、案件に応じて、資料をご用意させて頂きます。

不燃材料認定番号を教えてください

エディリアンスの瓦は全て粘土瓦であり、国土交通省告示第1400号により、「瓦」は不燃材と明記されています。
不燃材料に係る大臣認定取得は必要ありません。
建築確認申請の不燃材料認定番号は、「国土交通省告示第1400号にて認定」とご記載下さい。

瓦の耐寒性能について教えてください

フランスは温暖な気候のイメージがありますが、実は、北部の緯度は北海道より高く、また東部はアルプス山脈に面しており、寒さの厳しいエリアが多くあります。
そこで、エディリアンスは寒冷地にも対応可能な瓦を製造しております。
寒冷地の屋根材は、凍結と融解による損壊に強い品質が必要です。
日本国内で販売しておりますエディリアンス瓦は、国内の窯業試験場で耐凍害性試験を行い、確かな耐寒性能が実証されました。

瓦の吸水性について教えてください

各試料を110℃の乾燥機内に24時間以上おいた後、水温15〜25℃の清水中に24時間以上浸して吸水率を調査。
その結果、エディリアンスフランス瓦の吸水率はJIS規格で定められた12%以下を大きく下回る1.6%-8%という、優れた吸水率が実証されました。

瓦の強度(曲げ破壊荷重試験)について教えてください。

JIS規格の曲げ破壊荷重テストでは、1枚あたり1500N(153.0kgf)以上の強度が必要と定められています。
エディリアンスフランス瓦は、JIS規格の荷重に対する耐圧性も万全のレベルを確保しています。

瓦のメンテナンスは必要ですか?

エディリアンスの粘土瓦は高温で焼き締められていますので、長期にわたり、経年変化、劣化による退職はほとんどありません。
その為、塗装されている屋根材と違い、塗り替えのメンテナンスの必要ありません。
ただし、野地板、下葺き材などの屋根の下地や、棟部の漆喰等は定期的に点検し、必要なメンテナンスを行う必要があります。

瓦は海外製品ですが保証はどうなるのですか?

エディリアンスは、瓦の品質に対して30年間の品質保証を行っております。
一般的に日本国内に流通している輸入瓦は保証が適応されない製品も 多くございますが、弊社では邸別に『30年間瓦品質保証書』を発行しておりますので、 海外製品であっても安心してご採用頂けます

スペイン産、イタリア産の瓦と違いはありますか?

瓦の品質はその土地の粘土質および焼成温度により異なります。
同じヨーロッパ産の瓦であっても、南欧の温暖なエリアで製造されているイタリア・スペイン産瓦は、 比較的吸水率が高く、寒冷地に適していない製品もございます。
エディリアンスの瓦は、寒冷地でも安心してご採用頂ける、低吸水率の製品も多数ございます。

雪止め瓦はありますか?

瓦と一体型の雪止め瓦はございません。各製品にあった、雪止め金具をご案内しております。

屋根勾配は何寸から施工可能ですか?

瓦の種類・寸法によって対応勾配が異なります。

葺き枚数 10枚/㎡タイプ4寸勾配~
葺き枚数 20枚/㎡タイプ6寸勾配~
葺き枚数 60枚/㎡タイプ7寸勾配~